お食い初め

お食い初め

お食い初めとは、子どもが生まれて生後100日目にあたる日に、子どもの成長を祝うとともに、初めて食べ物を与える真似をする儀式のことを言います。

地域によって、お食い初めを100日目以降にするところもあり、100日目ぴったりにする必要はないようですが、おおよそ100日や120日を目安に行うのが一般的です。

男の子には総朱塗りのお椀と低いお膳を、女の子には内が朱塗りで、 外が黒塗りのお椀と高いお膳でを用意します。 写真は女の子のお膳です。

お食い初め膳+鯛の塩焼き  4,500円+税(鯛、約1kg)